バナー最終.PNG

サポートされていないバージョンの Internet Explorer では一部の機能が正しく表示されないことがあります。

干し柿すてぃっくと

​ほっぺのセット

■くまもと菊鹿のあんぽ柿 ほっぺ

 

熊本県の山鹿市菊鹿町の山里で、大切に育てられた柿「紅高瀬」を乾燥させて作った「あんぽ柿」です。柿生産者が加工・製造・販売を行っいることで、原料を厳選し加工することができています。また、機械をつかって乾燥するため、衛生的。鮮やかな赤色に仕上がっています。「くまもとの赤」賞を受賞した自信作です。やわらかでジューシー、芳醇な味わい、自然な旨さをご賞味ください。

■干し柿すてぃっく

 

あんぽ柿"ほっぺ"をさらに乾燥させて、そのおいしさを一年中、手軽に楽しめるようにスティックにしました。つまんで食べれて、ほんのりと甘い上品な味をたのしめる山鹿市限定の干し柿です。

「あんぽ柿」は半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のように柔らかく、糖度が40度ほどと濃厚な甘みが特徴です。単に干しただけの干し柿は、乾燥して黒く堅くなり、さらに時間が経過すると糖分の粉を白く吹きますが(ころ柿など)、「あんぽ柿」は柿の実を硫黄の煙でいぶしたあと、1週間から10日間ほどかけてじっくりと乾燥させ、やわらかく仕上げた干し柿で、独特のこだわりの製法で作っています。 

この「あんぽ柿」を作っているのは70歳以上の方々。一つ一つ愛情を込めて手作りされています。

■名称 干し柿すてぃっく・ほっぺ(あんぽ柿)
■産地 熊本県 菊鹿町 
■内容量 

ほっぺとすてぃっく詰合せ
ほっぺ詰合せギフト
Show More

​菊鹿町干し柿研究会

熊本県山鹿市菊鹿町で「紅高瀬」という品種の柿を生産している農家4戸で研究会を結成し、自分たちの柿を乾燥させて、一つひとつていねいに作った「あんぽ柿」です。赤色が鮮やかで、とてもやわらかくしっとりしており、柿本来の風味と自然な甘さが味わえます。

150年フンドーダイロゴ.jpg

熊本県熊本市北区楠野町972

TEL:0570-200-545 FAX:096-245-3937