150年フンドーダイロゴ.jpg

熊本県熊本市北区楠野町972

TEL:0570-200-545 FAX:096-245-3937

肉に対して2割量のたれを

​2時間程漬け込むだけで
専門店の味になります♪

天草の塩・魚醤を使用し、

レモンの風味を加えて

​さっぱり旨味ある味わいに

仕上げました。

​基本のからあげの作り方

材料 2人分       

・鶏もも肉…500g   
・片栗粉…適量

・天草塩からあげのたれ…100cc
(材料の2割分を目安に)

・油…揚げ油用

作り方

①鶏もも肉を一口大に切ります。

袋に肉と天草塩からあげのたれ レモン風味を入れ、よくもみ込んだら2時間程度漬け込みます。

 

②①をザルにとり、余分なたれを落としたら、片栗粉を軽くまぶします。

 

160℃の油で5分ほど揚げ、5分程度置いたら、180℃の油で30秒ほど揚げて完成です。

※ 2度揚げしない場合、170℃で4分30秒揚げます。

​♪♪ おいしいアレンジレシピ ♪♪

野菜炒め

材料 2人分       

・豚肉…150g

・玉ねぎ…120g

・天草塩からあげのたれ…大さじ2 

・にんじん…70g

・もやし…100g

・油…大さじ1 

作り方

①キャベツは大き目のざく切り、人参は短冊切りにします。

②フライパンに油を熱し、豚肉を軽く炒めたら、にんじんを入れてしんなりするまで炒めます。

③キャベツと天草塩からあげのたれレモン風味を加え、さっと炒めたら完成です。

炒 飯

材料 2人分       

・ごはん(温かいもの)…300g

・焼き豚(薄切り)…40g

・キャベツ…20g

・天草塩からあげのたれ…大さじ3

作り方

①にんじんは耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップして電子レン(500W)
に40秒かけます。

②ねぎは、縦半分に切り、薄切りにします。

③焼き豚は8mm四方に切ります。

④ボウルにご飯を入れ、溶き卵も入れて混ぜます。

⑤フライパンにサラダ油を熱し、①②③を炒め、天草塩からあげのたれを
​いれて炒めます。

⑥④を加え、木べらで混ぜながらご飯がぱらっとするまで炒めて完成です。

・溶き卵…1個

・にんじん…20g

・ねぎ…1/3本

・サラダ油…少々

餃 子

材料 2人分       

・餃子の皮…12枚

・にら…10g

・水…50ml ・塩…少々

・小麦粉…小さじ1

・豚ひき肉…50g

・キャベツ…100g

・サラダ油…小さじ2

・天草塩からあげのたれ…大さじ2

作り方

①キャベツはみじん切りにして塩少々をふり、よくもんでから水気をしっかり絞ります。にらもみじん切りにします。

②ボウルにひき肉を入れて塩少々をふり、粘り気が出るまで2~3分こねます。③①の野菜と天草塩からあげのたれを入れて混ぜ合わせ、たねを作ります。

餃子の皮を手のひらに乗せ、皮の中央に②を大さじ1弱くらいのせます。

⑤皮の半分の端に水を少しつけて皮を半分に折り、ヒダをとりながら口をしっ
かり閉じます。

⑥フライパンに油(小さじ1)を熱し、③の餃子を並べて焼き、焼き目を付け
​ます。

⑦小麦粉を分量の水で溶き、④に注いで蓋をし、3分ほど蒸し焼きにします。

水気が無くなったら油(小さじ1)を回し入れ、中火で焼き上げて完成です。(底面がパリッと焼きあがります)

​ご注文はこちらから↓↓

​商 品 名:天草塩からあげのたれ レモン風味

価  格:1,000円(税別)

原材料名:アミノ酸液、還元水あめ、食塩、生姜、りんご、玉ねぎ、

にんにく、砂糖、レモン果汁、香辛料、魚醤、酵母エキス/トレハロース、調味料(アミノ酸等)、アルコール、酸味料、増粘剤(キサンタン)、(一部に大豆・りんごを含む)

内 容 量:1L

保存方法:直射日光を避け保存

​フンドーダイ五葉

江戸時代より熊本で酒造りをしていた大久保家。

1869年(明治2年)、第一代目大久保彦四郎が醤油醸造業へと転身。

以来、地元熊本県民に愛される醤油と味噌を作り続けている。

近年では独自の技術で海外にも進出。

今年創業150年を迎える。

製 造 者 株式会社フンドーダイ五葉

所 在 地 〒861-5511 熊本市北区楠野町972

電  話 0570-200-545

​F A X 096-245-2352